コラム

☆I am STAR☆「学生だから」そんな言い訳はなしにしよう

2015-10-23

RM STAFF

WRITER:

RM STAFF

☆I am STAR☆コーナー企画!

みなさん、こんにちは。コーポレートサイト編集部のKeikoです。

 

リッチメディアコーポレートサイトの新コーナー☆I am STAR☆

このコーナーでは、毎月リッチメディアのメンバー一人一人に光を当てていきたいと思います。

第3弾となるのは、学生インターンながら9月にベストスタッフ賞を受賞したDaiくん

ベストスタッフ賞は、見事今月の目標を達成し組織に貢献したメンバーに送られる賞です。

 

sato1

 

 

※リッチメディアでは毎月最も活躍したメンバーを表彰する締め会があり、仕事に対して抱いている想いや高い成果を出した理由が可視化されます。

こちらのコーナーで紹介し、みなさんにも共有したいと思います。

【参考記事:☆I am STAR☆自分を再雇用したことを絶対後悔させたくない!

【参考記事:リッチメディアの文化をつくる8つのユニーク社内制度

【参考記事:リッチメディア年度締め会・5周年パーティーの様子をお届けします

学生インターンながら、ベストスタッフ賞の受賞、おめでとうございます!

インタビュアー:
ベストスタッフ賞の受賞おめでとうございます!!
 
はじめミッションが与えられたときは目標も低めの設定でしたが、
それから自身で高い目標を設定し、最近ではその当時の目標より4倍の成果を上げれるまでになりましたね。
結果として、9月目標対比「192%達成」!
目標設定が誤ったかと思ったくらいの達成率、素晴らしいと思います!
 
更には、自身の目標をクリアしながら、サポートチームの目標まで引っ張る姿も、まさにリーダーとしての動きだった、と評価されています。
 
どんな想いで取り組んできたのでしょうか?

チームでやることの面白さと目標達成への想い

Dai:
ありがとうございます。
 
インターンとしてリッチメディアにジョインしてから
・一人では仕事が出来ないという現実
・チームで働くことは楽しい
ということを肌で感じました。
 
振り返ってみると、チームの目標を達成したいという想いがずっとあったなと思います。
しかし、想いの強さはあるものの、なかなか成果が出ず厳しいこと言われたりもして…
帰り道に「僕なんていない方がいないんじゃないか」なんて思ったこともありましたね。
弱い自分から逃げそうになることもありました。
shutterstock_268132268
 
しかし正直、それでも達成したい!という思いだけでした。
そして、自分が目標にしてる人はまだまだ手の届かないようなところにいて、
そのためには困難は乗り越えるべきだな、と日々、自分を奮起させていきました。

目線をどんどん高くしていくことで見える景色がある!

sato2
インタビュアー:目標達成した時はどんな気持ちでしたか?
 
Dai:
厳しくやってきましたが、達成できてうれしい、というのが素直な気持ちです。
学生インターンとして働いていますが、「出勤日が少ないから」「学生だから」って
言い訳をどんどん並べても、何も変わらないな、と思ったんです。
出勤日が少ないからこそ、朝早く来て準備をすることだったり、
出勤日に合わせてお客様との時間を調整するなど、
自分の状況に合わせてどんどん工夫していったからこそ、目標をクリアできたのだと思います。
最近になってお客様に接する機会があって、「期待してる」と言ってたいただいたりもして、
こういう人たちに価値を還元したいという想いから、
目線が自分からチームへ、そしてチームからお客様への変化していったことを大きく感じています。
 
これからも、チームそしてお客様に最大の価値を還元できるように
精進してまいりたいと思います。

ありがとうございます。

最後に

いかがでしたでしょうか。

リッチメディアでは「学生だから」とか「まだ入ったばかりだから…」などと言ってると、

周りから「また言い訳をしている!」と、どんどん指摘される文化があります。

 

自分で自分の言い訳を排除し、基準値を高く設定しながら、目の前の仕事に取り組むことがとても重要なことですね。

そうすることで、自分の可能性もどんどん広がっていくんだと思います。

 

 

20150901_仲間募集KV

 

【関連記事】

☆I am STAR☆組織の課題に向き合うディビジョンデザインというポジション

良いチームに共通する「ホンネのコミュニケーション」

大学3年ほぼ文系の僕が、サーバーサイド開発のインターンを1ヶ月やってみて感じたこと