コラム

自分らしくの本当の意味

2015-05-25

坂本 幸蔵

WRITER:

坂本 幸蔵

子供_自分らしさ

 

最近、何度か感じたことなので
エントリーしておきたいと思うのですが、

 

自分らしくの本当の意味って
自分がやりたいことや自分が思うままに進めることではないということ。

 

自分らしくとなると
自分がやりたいことを出来ていない時や
自分ができないことに対して
これは自分がやらなくても良いことと
勘違いしてしまうことが多いのかもしれません。

 

これは、悪く言ってしまうと
自分らしくは過去の自分に対する甘えなのかもしれないなと
最近感じることがあります。

 

もちろん、これまで積上げてきたものを
否定した方がよいといっている訳ではなく
できないことが仮にあった場合に向き合って
できるに変えること。

 

変わることを楽しんで新しい自分に出会える方を
選択する方がより理想に近づけるのだと思います。

 

内定者でインターンをしてくれているU山さんも働き始めた当初はできない自分に悩み行動が億劫になっていましたが、今ではどんどん自ら行動してくれてます。

また、キャリア入社で一ヶ月ぐらいではありますが、結果もスタンスも素晴らしいN崎さんは業界が全く異なるところからのチャレンジであり、これまでのやり方が180度変わったかもしれません。

理解できないことも多少あるのかもしれません。

しかし、そんなことにとらわれるよりも目的や目標の為に一生懸命になる。

 

二人に共通するのは未来の自分らしいを探しているのだと思います。

変化=挑戦の度に傷ついたり、恥ずかしかったり、情けなかったり
してしまうのかもしれません。

 

しかし、変われる勇気を持ち続けていれば
目の前が変わっていくのではないのかなと。。。

 

本来の自分らしいは過去を指すのではなく
未来の自分のことを指すのかもしれません。

私はそう思って自分らしく変化を受け入れ続けたいと思います。

 

【関連記事】

新社会人になったみなさんへ〜チャンスの表と裏〜

仕事で結果を出すために必要な5つのこと

なぜ初任給を今でも手渡しをしているのか?