NEWS

ヘルスケア大学に対するWebメディア上での疑義に関するご報告と今後の取り組み

SHARE SHARE SHARE SHARE

 弊社が運営するメディア(主にヘルスケア大学)は、4月下旬より医師の個人ブログ等やその複数のSNS等で指摘を受けており、その指摘がソーシャルメディアや他社運営メディア上のニュースにて取り上げられております。
ヘルスケア大学に対する指摘に関しては、事実と考察が混在している状況のため、我々の見解として本書面にてご報告いたします。

 

1. 記事の内容に関する指摘
2. 医師の無断登録について
3. 医師の匿名表記について
4. 今後の取り組み

 

1.記事の内容に関する指摘


 指摘を受けているヘルスケア大学内の『病院での頻尿の検査と治療(URL http://www.skincare-univ.com/article/006737/)』『高血圧の人の食事(URL http://www.skincare-univ.com/article/008468/)』等の記事に関して、一部の記事で指摘の通り修正が必要であることを確認しております。

 

<指摘内容に関する弊社の見解>


指摘を受けた記事に関しては、記事を非公開とした上で修正し、医師の監修等の然るべき手順を踏んだ上で、再度公開いたします。
弊社サイト運営ポリシーに則り、情報に誤りがある際には真摯に向き合い、迅速に確認・修正することによって、正しい情報の発信を追求し続けます。

 

2.医師の無断登録について

 無断で医師の氏名と写真を使用しているとの指摘がございますが、事実ではございません。弊社は医師もしくは医療機関と契約を締結しており、その契約に基づき医療機関や医師の情報を掲載しております。

 

3.医師の匿名表記について(2017年5月10日 改訂)

『病院での頻尿の検査と治療(URL http://www.skincare-univ.com/article/006737/)』の記事がインターネット上で誤りがあると指摘された際、事実確認と確認状況の記載のため一度記事を非公開とし、その後、再度公開した際には、監修医師の実業への影響を鑑みて、監修医師を匿名医師表記(ヘルスケア大学参画ドクター)へと変更させていただきました。


また、このほかにも、記事の監修をした後に監修医師との契約が解除された場合等に、一時的に匿名医師表記にする場合がございます。
いずれの場合においても、医師・専門家の監修を経た上で記事を公開している点に関しては、変わりはございません。

 

4.今後の取り組み


 記事内容に誤りがあったことで弊社サイトをご利用いただいている皆様に不安を与えてしまったことを真摯に受け止め、より信頼性の高い情報を発信し、安心してご利用いただけるサービスになるよう、下記の取り組みを推進してまいります。

 

<信頼・安心向上のための取り組み>


1.記事チェック体制の強化
 記事が公開されるまでの各プロセス(テーマ選定、制作、医師監修、公開)におけるチェック体制を、人員数のみにとどまらず、仕組みの改善も合わせて実施することにより強化し、品質の向上を目指します
2.複数の医師による監修方法への変更
 これまでは、1記事1医師の対応によって、医師監修を実施してまいりましたが、日進月歩の医療情報をよりタイムリーに反映するため、多くの医師、専門家の意見を反映した監修と改訂を繰り返すことによって、信頼性向上を実現いたします。
3.信頼性を届けるUIへの変更と、指摘収集の仕組みの構築
 記事が、いつ公開され、どれだけ改訂されてきたかをお伝えできるUIへ変更いたします。また、記事に誤りがあった場合に、すぐに運営事務局へ指摘できるように窓口への導線をわかりやすく表示し、指摘を収集しやすい仕組みづくりを行います。

 

 弊社は、発信する情報の安心・信頼・正確性をより高めるために、既存の運用方法にとらわれず、常に改善し続けて参ります。

 

改訂履歴
第1版 2017年5月8日発行
第2版 2017年5月10日発行
3.医師の匿名表記について、加筆修正を実施
第3版 2017年5月19日発行
前文の一部表記を修正

 

 

以上

RECOMMEND