DREAMERS

夢への一歩は、まずその一歩から!「DREAMERS WEST」開催!

SHARE SHARE SHARE SHARE

 DREAMERS 京都にて初開催!100名以上の学生が集結!

 

 

2月28日(土)、リッチメディア主催「DREAMERS WEST」を京都にて開催いたしました。

 

今まで、各界のリーダーとともに対談形式で行ってきたDREAMERSですが、

今回は「夢を叶えるための最短距離は、自分のその一歩を踏み出すこと」をテーマに

「まず、一歩でもいい。行動を起こす人をひとりでも多く増やしたい!」という想いで、学生とともに参加型のイベントを行いました。

 

 

DW Staff小

 

当日は、100名以上の高い志をもった学生が参加し、熱い時間を共にしました。

今回は、そのイベントの様子を、お届けしたいと思います。

 

 

「あなたの未来は明るいですか?」

 

「日本の未来は明るいと思いますか?」

「あなたの未来は明るいですか?」

という問いかけからはじまったトップセミナー

 

日本

 

データをもとに、事実をひも解いてみると、自殺者の増加、仕事のやりがいの低下。幸福度もさがり、夢や希望を持つ若者も少なくなってきている日本の現状があります。

 

安心で安全な日本。恵まれた国のはずなのに…。

生活は豊かになったのに、どうしてでしょうか?

 

そんな問いかけに、リッチメディアとして、

坂本自身の話も盛り込みながら学生さんにメッセージを届けました。

 

IMG_0009

 

坂本:戦後の日本は、生きることに必死だった時代。しかし、現代は明日の食べ物に困るということはほぼないんじゃないかと思います。

それに変わって、人々は「まわりが自分のことをどう思っているのか」が気になって、他人の目や評価をうかがってしまうことが多くなったと思います。

 

「いい点とって、よかったね」

「いい大学入れて、よかったね」

「いい会社入って、よかったね」

 

こんなことが言われる社会。

でもそれって、誰のモノサシでしょうか?

自分のモノサシではなく、他人のモノサシで測る社会になりつつあるのではないでしょうか?

 

しかし承認されるためだけに、人生を生きているのでしょうか?

他人のモノサシで自分の人生を決め、何かうまくいかなかったときに、他人のせいにしてしまうのではないでしょうか?

 

正解を創るのではなく、正解を探す社会になってきていることが、原因ではないかと思います。

 

豊かになった日本ですが、本来の豊かさというのは「物質的な豊かさ」と「精神的な豊かさ」がバランスしている状態を指します。

では、そんな社会を創るためにはどうすればいいのでしょうか?

 

まず、自分がどうありたいかを考え、夢を持つことが大切だと考えます。

自分の人生を豊かに彩るためにも、夢を叶える一歩を踏み出すことが大切です。

叶わない夢など、ありません。

 

30000

 

 

自分の夢に向かって行動しなければ、0勝0敗で終わってしまいます。

行動しない0勝0敗よりも、失敗したとしても行動した0勝1敗の方が、価値があります。

30,000日しかない人生です。

自分の人生を思い切り100%で生きて、1%の後悔のない人生を送ってもらいたいと思います。

 

 

IMG_0010

 

 

坂本のセミナー終了後、Q&Aタイムにはたくさんの学生さんから質問が飛んできました!

 

就職活動を目の前にした学生さんも多くいたのですが、

これからの就活や人生のヒントをなにか得られましたでしょうか?

 

 

 

ぶっちゃけ、どうなの?

 

トークセッションでは、トップセミナーから一転!

学生からの意見をどんどん聞いていきました!

 

質問に対して、学生の思う答えを〇か×で回答し、坂本も回答します。

 

 

yesno

 

 

「できないことは何もない、って言ってるけど、実際坂本社長にも出来ないことの一つぐらいあるだろう」

「取り返せない失敗はない、って、取り返せない失敗は人間には一つはあるだろう」

 

そんな問いに対し、学生さんと坂本で、相互で意見交換を行いました。

ぶっちゃけ、どうなんでしょう?

 

 

IMG_0026

 

 

〇×、真っ二つに分かれることもしばしば!

 

それぞれの意見を聞きながら、意見交換を行いました。

とても灼熱した時間になりましたね!

 

 

 

IMG_0017

 

 

 

未来の自分へ!ここで宣言します!

 

 会場の雰囲気も、最高点まで温まり、最後のコーナーはワークショップ。

 

workshop

 

 

 

今回のイベントを通して得た気づきを、”コミットメント”という形で、未来の自分に向けて約束をしてもらいます。

 

まずは自分で考え、周りの学生さんとシェア。

どんなコミットメントが書かれているのでしょうか…?

 

 

 

IMG_0052

 

 

最後は、我こそは!という代表の5人が全体の前で宣言をしました!

 

 

IMG_0066

 

 

「世界一幸せな人になる!」

「インドネシアに行く!」

「ヒューマンレボリューションを起こす!」

 

それぞれの夢を、100人以上の前で大きな声で宣言してくれました。

発表してくれた5人だけでなく、会場にいた学生さんそれぞれ、夢や目標を自分自身に宣言してくれたと思います。

 

それぞれが宣言した”コミットメント”を達成できるようにこれから頑張ってほしいですね!

 

 

 

熱い想いはそのままに!クロージング!

 

宣言も終わり、最後は坂本よりメッセージ。

 

IMG_0072

 

 

30,000日しかない人生。

一日一日を大事に生きてほしい。

それを、どんどんまわりに連鎖していってほしい。

 

そんな思いを受け取った参加者みんなで記念撮影。

 

 

PIC_0029

 

 

ご参加いただきありがとうございました。

 

 

みんなの熱い想いをご覧ください

 

イベント終了後、学生さんに感想や宣言したコミットメントを録画させていただきました。

 

参加者の熱い想い、ご覧くださいませ!

 

 

 

 

 

関連記事

 

リッチメディア 2016年度新卒採用ページ

「DREAMERS WEST」開催のお知らせ ~夢を叶えるための最短距離は、自分のその一歩を踏み出すこと

【前偏】「”やった後悔”よりも”やらなかった後悔”の方が痛みが大きい」 – 小笹芳央×坂本幸蔵×麻野耕司

【後編】「殻を破れ!成長するには”ノーガード戦法”でいくべし」 – 小笹芳央×坂本幸蔵×麻野耕司

 

WRITER

Ryu

Ryu

広報

Ryu

RECOMMEND

21c061bb-8524-4269-80f1-c466ac4fef9c

0SHARE

INFORMATION

15 November 2016

「新規事業の虎」第1回目放送に リッチメディア取締役の木林琢磨が審査員で出演しました。

%e5%8a%a9%e6%88%90%e9%87%91%e5%88%b6%e5%ba%a6%e8%a8%98%e4%ba%8b%e4%be%8b

4SHARE

PRESS RELEASE

01 November 2016

「ヘルスケア大学」が専門家監修のもと、『社会保障制度』の情報発信を開始しました

%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%82%a2%e5%a4%a7%e5%85%a8url

0SHARE

PRESS RELEASE

24 September 2016

スキンケア大学より『BEAUTY DICTIONARY~医師が教える正しいスキンケア大全~』が発売となりました。

%e4%bc%8a%e8%97%a4%e3%82%86%e3%81%bf

0SHARE

PRESS RELEASE

20 September 2016

avex×HAIR 【HAIR STYLE CONTEST】の開催が決定しました。

top

0SHARE

INFORMATION

01 September 2016

【メディア掲載】『Grand Style』に人事・片岡のインタビューが掲載されました

暑中見舞い

19SHARE

INFORMATION

03 August 2016

暑中お見舞い申し上げます

HON

103SHARE

PRESS RELEASE

27 July 2016

ヘルスケア大学、日本で3番目に 医療情報基準<HON code>認証を取得 情報の質と信頼性を国際機関が承認 〜記事の監修ドクター が1200名を突破〜

nettyusyo_01_1

7SHARE

PRESS RELEASE

26 July 2016

【スキンケア大学調べ】スキンケア大学、「熱中症」に関するアンケートを実施 熱中症になったことがある人が半数以上に 〜熱中症予防でアンチエイジング〜

image_002

14SHARE

PRESS RELEASE

15 July 2016

【スキンケア大学調べ】3大「夏」風邪、●●を知らない人は、80%以上! 一番検索されるのは、「手足口病×大人」 〜地域別では都市部、検索ピークは7月3週目〜

スキンケア大学

165SHARE

PRESS RELEASE

11 July 2016

スキンケア大学と資生堂ジャパンが共同でユーザーデータを元にマーケティングを開始