コラム

初心者でも安心!WEBライティングに取り入れられる簡単SEO対策ツール

2016-02-19

川上 穂奈美

WRITER:

川上 穂奈美

皆さんこんにちは。
メディア事業部でドクターQ&Aの担当をしているインターンのHonamiです。

今回は、ブログやキュレーションでのWEBライティングに今すぐ取り入れられるSEO対策ツールをご紹介します。
WEBライティングやSEO対策というと、難しそうに感じるかもしれませんが、 初心者でも問題なく使えるツールもたくさんありますよ!

そもそもSEO対策とは?

ブログやキュレーションを作ったら、やっぱりたくさんの人に見てもらいたいですよね。
そのためには、SNSで記事を拡散してクリックしてもらったり、ブログ自体をお気に入り登録してもらいブックマークから訪問してもらったりといった方法があります。
しかし、たくさんの人にページを見てもらう方法として最も身近なのは、『検索結果の一覧から入ってきてもらう』事だと思います。

『検索結果の一覧から入ってきてもらう』ためには、自分のページが検索結果の上位に表示される必要があります。
GoogleやYahoo!などの検索エンジンに、自分のページが上位表示されるための工夫や施策の事をSEO対策と言います。
(SEOとは「Search Engine Optimization」の略語で、日本語にすると「検索エンジン最適化」と訳されます。)

ツール① キーワードプランナー

まずおすすめなのは、GoogleAdwordsのキーワードアドバイスツールです。

ライティングをするときに、何をテーマにして書いたらユーザーの関心をひけるのかをまず考えると思います。
キーワードプランナーは、ユーザーの関心が高まっているキーワードを知ることのできるツールです。

Googleのアカウントをもっていれば誰でも使うことができます。
調べたいキーワードの月間平均検索ボリューム競合性、関連性の高い言葉などを調べることができます。
検索されやすいキーワードを使ってライティングをすることで、検索しているユーザーにリーチしやすくなります。
もちろん、検索ボリュームが大きすぎるキーワードを狙ったとしても、すでに検索に強いページが存在していてなかなか競合ページに勝てないということもあるので、自分のページが勝ち抜けそうなキーワードを選ぶ必要はあります。

ツール② FunkeyRanking

FunkeyRankingでは、5つのキーワードでのページの検索順位を一度にチェックすることができます。

キーワードプランナーで狙ったキーワードで、本当に高い検索順位をとれているのかを知るのに便利なツールです。

せっかくキーワードを練ってライティングをしても、検索エンジンに評価されていない(検索順位が低い)状態では意味がありません。 しっかり狙ったキーワードで順位をとれているか確認してPDCAを回す必要があります
検索順位を調べるには、自分でキーワードを検索し、自分のページが何番目に表示されるか確かめる方法ももちろんあります。
FunkeyRankingは、まだ検索順位が低くていちいち探すのが面倒な場合や、複数のキーワードでの評価を調べたいときに役に立つと思います。

ツール③ SEOチェキ!

SEOチェキ!では、ページの検索順位やリンクの数などを調べることができます。
調べたいページのURLを入力するだけなので、操作がとても簡単なのが特徴です。

こちらもFunkeyRanking同様、自分の書いたページがどのくらい評価されているのかをチェックするのに便利なツールです。
SEOチェキ!では自分のページ以外のデータを見ることもできます。 なので、競合サイトの分析にも使うことができるのがポイント。

また、SEOチェキ!でもFunkeyRankingのように、特定のキーワードごとの検索順位を調べることができます。
GoogleとYahoo!それぞれの順位を教えてくれます。
(SEOチェキ!で同時に調べることができるキーワードは3つまで、FunkeyRankingでは5つまでという違いがあります。)

最後に

個人で楽しんでいるブログやWEBサイトでも、検索順位を高めて多くの人に見てもらうのはうれしいものですよね。
ぜひ、簡単なツールから初めてSEO対策をとり入れてみてください。

 

【関連記事】

代表的なDSPの使いやすさを比較してみました

ネット広告の種類と課金方法、たくさんあるけど何が違うの?

お肌のあらゆる悩みを解決に導く「スキンケア大学」ってどんなメディア?