コラム

☆I am STAR☆初めてみんなの前で夢を宣言できた

2015-11-13

大竹 空

WRITER:

大竹 空

みなさん、こんにちは。
コーポレートサイト編集部のKeikoです。

リッチメディアのメンバーに光を当てるコーナー☆I am STAR☆
第5弾は10月にベストグローウィング賞を受賞したSoraさんです!
ベストグローウィング賞は、今月素晴らしい成長を果たしたメンバーへ贈られる賞です。


※リッチメディアでは毎月最も活躍したメンバーを表彰しています。仕事に対する想いや、高い成果を出した理由が可視化されます。
こちらのコーナーで紹介し、みなさんにも共有したいと思います。

【参考記事】
☆I am STAR☆自分を再雇用したことを絶対後悔させたくない!
リッチメディアの文化をつくる8つのユニーク社内制度
リッチメディア年度締め会・5周年パーティーの様子をお届けします

ベストグローウィング賞おめでとうございます!

インタビュアー:Soraさん、ベストグローウィング賞おめでとうございます。

今月はチームでも個人でも目標数字をクリアし、素晴らしい成果を上げられましたね。

今のSoraさんが所属しているチームの雰囲気は非常に素晴らしく本部全体に非常によい影響を与えてくれています。

それは、よいメンバーが揃っていることも、様々な要因があることも関係すると思いますが、
何よりSoraさんが強い当事者意識を持ち、自分の数字を高めることや進んで新人教育を行うこと、
チームメンバーのモチベーションが上がるように積極的に声掛けを行うことでチーム全体を達成させるという努力の賜物ではないでしょうか。

今までみんなの前で夢を宣言したことがありませんでした

Sora:ありがとうございます。

ちょうど一年前にベストグローウィング賞を受賞し、それ以降個人で受賞できる月がなく、今まで悔しい思いをする月が多かったです。

ですが、このタイミングで受賞することができ、みなさんの前で言いたい事ができました。

私には、夢があります。世の中を幸せにするようなサービスをゼロから自分の手でつくることです。
今までは、こんな事を大勢の前で言うほど自信もなかったですし、勇気もなかったです。しかし、今月、今このタイミングで自分の夢を言いたいなーとふと思いました。

成果に本気で向き合って初めて見えたこと

理由は、今月は本気で成果に向き合ったからです。
成果に本気で向き合うことで、できることが増えて、視野も広がって、今まで苦手だと感じていたことや難しいと感じていた事も、楽しいなと感じるようになりました。
また、チームをイチから作ることの楽しさ、みんなでやりきった時の達成感を体験することができました。

成果に向き合ったからこそ、できるようになったこと感じたことがたくさんありました。そして、自分の夢である「サービス作り」をしたいと心の底から思います。

今後は、チームで成果を出し続けて、自分のやりたいことに近づけていけるようになりたいです。
できることをもっと増やしてワクワクして、みんながやりたいことを言ってできるような会社にしたいと思います。そのために、私は絶対に成長することをやめません。

最後に

やりたいこと、夢を見つけることは難しいことですし、それを大勢の前で発表することは恥ずかしいですし、もっと難しいです。
しかし、「本当に達成したい」と思い「本気で向き合い」成果をあげることに繋げることができた時に、より強く「叶えたい夢」を叶えたいと思うのだと思います。そして、そう強く思った時こそ、成長し自信を持てている瞬間だと思います。

今後も、自分の夢と会社が掲げる「可能性を世界で最も開花させる」を体現していけるような人でありたいです。そして、絶対に自分の夢を叶えます。

 

【関連記事】

☆I am STAR☆組織の課題に向き合い始めて見えたマネジメント
★連載#5★1人1人の夢を実現させるために選んだ道
プロ意識が境界線をつくる