コラム

★連載#8★弱さも含めて私自身!自分の人生を自分で彩る生き方

2015-10-20

河方 美咲

WRITER:

河方 美咲

先輩の就職活動を盗め!

みなさん、こんにちは。コーポレート編集部のKeikoです。

内定者インタビュー企画第8弾突入です!
17年卒の学生のみなさんは、現在様々な企業を見ている頃でしょうか。

就活のスケジュールが来年からまた変更があるかもしれない中、不安もたくさんあるかと思います。
先輩の就活エピソードを紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

今回は
★弱い自分に打ち勝つ!名古屋ガールみーちゃん★です。
【みーちゃんのインターン記事はコチラ

どんな就職活動をしてきましたか?

私が、就職活動を始めたのは、2月末頃です。
同期の内定者たちと比較すると、とても遅いスタートでした。

それまでインターンの経験すら1度もなく、不安になることも多かった中、
3年生の夏から就職活動を始めている親友に相談したのをきっかけに、将来について真剣に考え始めました。

出遅れていた分、自己分析や業界研究などろくにできず、
とにかく会社に足を運んだり、働いている人に話を聞いたりして、
“自分に合う人、環境、会社“を手当たり次第に探し求めていました。

なぜリッチメディアに決断したんですか?

自分の人生としっかり向き合って生きていけると思ったからです。

今まで、なんとなく敷かれたレールの上を歩いてきたような生き方をしていていました。
しかし、「一度きりの人生、なんとなく生きるのは嫌だ!」そう思っていた矢先、リッチメディアに出会い衝撃を受けました。

一就活生である私個人に全力で向き合ってくれるのです。
そのおかげで、自分自身ですら気が付かなかった強さや弱さに気付けたのと同時に、
弱さも含めてありのままの私を受け入れてくれました

この人たちと働きたい、その思いひとつで、リッチメディアで働く決断をしました。
人生に対して本気になろうと思わせてくれた社員の方々には感謝しかありません。
今度は私がその恩を返す番だと思っています。

ぜひみーちゃんの夢を教えてください。今後どうなっていきたいと考えていますか?

私自身について、自分で自信を持って「自分が好きだ」と言えるような自分になりたいです。

そんな自分になるためには、他人の基準で生きるのではなく、
全ての基準を自分で決定できる様になることが不可欠かなと思っています。
今まで私は、過去の経験から人の顔色を伺って生きてきました。
そういう意味で自分の発言や行動の価値基準を他人に求めてきました。

しかし、今年5月にリッチメディアのインターンシップ、MILLIONTH参加した際、
「人の顔色は、あなたを美しく彩らないですよ。」と、見透かされたように言われ、
それ以来いつもその言葉が胸にあります。
自分の人生を自分で彩れる、そんな素敵な生き方がしたいです。

ぜひ就活生に一言お願いします!

一ミリも後悔のない就職活動をして下さい
あなた自身が幸せに生きるために何が必要なのかを、今一度立ち止まって考え直してみると良いと思います。
それは、人によってひとりひとり違う答えがあると思います。
将来を選択するにあたって数学の答えのような正解なんてありません。
自分が選択した答えを正解にしていく覚悟をもてるかどうか、というのを基準に、
あなた自身にとって後悔のないファーストキャリアを選んでいって欲しいです。

応援しています。

 

【関連記事】

就活生に送る!「難しい選択」を乗り越えるマインド形成
☆I am STAR☆組織の課題に向き合うディビジョンデザインというポジション
自分らしくの本当の意味