コラム

☆I am STAR☆組織の課題に向き合うディビジョンデザインというポジション

2015-09-11

RM STAFF

WRITER:

RM STAFF

今月から、リッチメディアのコーポレートサイト内のメンバーズブログにて新コーナーを新設します!

その名も、「☆I am  STAR☆」!

 

リッチメディアでは毎月最も活躍したメンバーを表彰する締め会があり、

仕事に対して抱いている想いや高い成果を出した理由が可視化されます。

 

こちらのコーナーで紹介し、みなさんにも共有したいと思います。

【参考記事:リッチメディアの文化をつくる8つのユニーク社内制度

【参考記事:リッチメディア年度締め会・5周年パーティーの様子をお届けします

 

8月の締め会では、人事の野口さんがベストパイオニア賞を受賞しました。

ベストパイオニア賞は、今月新たな市場を創造するような新しいことを生み出したメンバーへ贈られる賞です。

野口さん授賞 2

 

それでは、受賞された野口さんに色々聞いてみたいと思います。

リッチメディア史上初のポジションへのチャレンジ

インタビュアー:

約10ヶ月前でした。事業部の組織改善のため、野口さんがリッチメディアで初めて組織付けの人事を立ち上げました。

元々新卒採用に携わっていたので、心半ばのところからミッションをチェンジしてもらいましたね。

 

初めは暗闇の中業務に取り組み、方針が中々定まらない日々が続き、とてもしんどい思いをしたことだと思います。

 

経営陣からのリクエストも高く、自分が今やっていることは本当に正しいのだろうか、

みんなの役に立てているのだろうか、そういうことで悩んだこともありましたね。

 

強い思いで取り組む組織改善

今までは採用の最前線に立ち、目指すべき明確の目標を掲げ、突き進んできたからこその葛藤だと思います。

それでも一切諦める素振りを見せずに野口さんは前を向いて進み、本当にすごいですね!

 

リッチメディアで働く人たちが、働きがいをもって働きやすい環境を作っていきたい、

すぐに成果が見えにくいかもしれないけれど、自分を信じ行動し続ける、

その強い思いを引っさげて会社の組織改善に取り組んだ成果が今回認められたのではないでしょうか。

 

野口さん仕事中03

 

顧客の声の可視化、組織改善起案制度の企画運営、社史の作成、

キャリア入社メンバーのイベント企画、多岐にわたり、いろんな組織改善の施策を実行してくれましたね。

 

精力的かつ積極的に仕事を取りに行く野口さんは会社全体に良い影響を与えてくれています、ありがとうございます!

 

みんなの「良くしたい」気持ちのパワー

野口:

今回は組織改善起案制度の成果が結構目立って賞を頂けたのかなと思いますが、色んな想いがあります。

今まで採用をやっていたのですごく分かりやすい目標を持っていました。

 

それが採用目標から会社を良くする、事業部の状態を良くするというミッションを担うことになって、

事業部で働いたこともない自分になにができるか分からなく、悩んでいました。

 

でも、マネージャーとたくさんお話しをして、どんなことを求められるのかを聞いてたときに、

たくさん話してくれて、みんなが良くしていきたいという気持ちが伝わり、

自分が迷ったり悩んでる時間はなく、それができるポジションになったからには本気でやらないと失礼だと感じました。

 

逆にチャンスだと思いました。

野口さんスマイル

 

組織課題の改善に向き合うこと

採用に携わっていた時に人が辞めるのがすごく悲しく、もちろん理由はそれぞれありますが、

組織の課題が原因になっていたら全部向き合って改善していきたい気持ちがあったので、

それだけでやってきたというのが正直なきもちです。

 

まだまだ課題が山積みで目指すところが高いのでやることがたくさんありますが、

リッチメディアはヒトが財産の会社なので、

必ず「可能性を世界で最も開花させる」会社を実現していきたいと思います。

 

20150901_仲間募集KV