コラム

メディアグロースについて

2015-06-25

坂本 幸蔵

WRITER:

坂本 幸蔵

最近、書く内容に迷ってしまって

エントリーしていなかったのですが、

メディア事業のグロースが大きな転換期を迎える事になったので

エントリーしたいと思います。

 

創業期は受託事業を生業にしてましたが、

2年前にヘルスケア&ビューティープラットフォーム事業を開始しました。

・ヘルスケア大学

http://www.skincare-univ.com/healthcare/

 ヘルスケア大学モック

 

・スキンケア大学

http://www.skincare-univ.com/ 

スキンケア大学モック

 

・メンズスキンケア大学

http://mens-skincare-univ.com/

メンズスキンケア大学モック

 

・HAIR

https://hair.cm/

HAIRモック

 全部で4つのメディアがあるのですが、

ten_million

 

ついに合算のMAU数が1000万をこえる規模まで成長してきました。

2年前に開始してヘルスケア&ビューテー領域での1000万人

メディア事業としての規模もある程度見えてきましたし

業績でみても完全にメディア事業での収益がほとんどになりました。

 

いろいろな事業を展開し、高速でピポットし続けた結果だと思います。

それらは簡単に実現したように見えるかもしれませんが、

 

メンバー1人1人の執念だと思ってます。

 

 

メディアのポジションニングとしても

ドクターや専門家を抱えるメディアとしては国内最大だと思いますし

お肌や体の悩みに対するユーザーを獲得できている媒体としては唯一無二なのではないでしょうか?

 

このノウハウを深堀しより濃度の高い悩みを解決できるプラットフォームを。

そして、このナレッジをアジアに展開しグローバルメディアを実現し。

ヘルスケア&ビューティー領域からライフスタイルに関わる様々な領域へ。

 

3つの成長戦略を掲げさらなる飛躍を遂げていきたいと思います。

関わって頂いている皆様ご支援有難うございます。

 

【関連記事】

リッチメディア5周年のご挨拶

メディアの成長はこれで決まる!PDCA×実行スピード=成長幅

・ 事業成長において意識している3つのこと