コラム

アツイ夏の始まりにぴったり!超難関インターンシップ「TRY OUT」

2015-05-29

RM STAFF

WRITER:

RM STAFF

インターンシップ

先日リッチメディアが6月6日~7日に開催する合同インターンシップ「超難関2Dayインターン TRY OUT」に、

今急成長中のベンチャー企業10社と共に参加することを報告させていただきました。

(DeNA、アカツキ、リクルート、じげん、トレンダーズ、VALUES、ウィルゲート、ラクスル、リブセンス、フロムスクラッチ、リンクアンドモチベーション他)

 

参考記事:リッチメディアが合同インターンシップ「TRY OUT」に参加 ~今急成長中のITベンチャー10社以上が集い、学生と共に新規事業の創出を目指す~

 

名だたる企業ばかりですね!

新規事業に積極的に取り組む企業の経営陣と一緒に、

事業創造の考え方を学びたい方、短期間でのインプットとアウトプットがしたい方、必見です。

自らの将来を思案する瞬間

また、主催者の株式会社ライトマップの鈴鹿 竜吾さん、中俣 博之さんからコメントをもらいましたのでご紹介します。

ライトマップ01 ライトマップ02

TRYOUTは一般的なインターンと違い、各企業から参加費用を頂いておりません。

ベンチャー企業の良さを学生の皆さんに知って欲しいという思いから、

参加頂く全ての企業と共に企画立案いたしました。

 

また、近年のインターンは採用目的で実施される事が多く、

就職活動生だけが対象のものが多いですが、

TRYOUTは大学1年~修士2年生までを対象としています。

 

近年新卒一括採用の是非が叫ばれていますが、実際に企業側が非就職活動期の学生と

接点が無ければ、その是非もただの「机上の空論」であり、無駄に終わる、と考えています。

 

我々は実際に多くの機会を創出し、少しでも多くの学生が早期から社会人の哲学に触れ、

自らの将来を思案する瞬間を増やしていければと考えています。

誰かのモノサシではなく自分のモノサシで

リッチメディア人事マネージャーの中さんからもコメントをもらいました。

 

中さん

 

採用面接で多くの学生たちと話しを重ねる中で、自分のモノサシで人生を考えている人が圧倒的に少なく、

自分の未来の可能性を自ら狭めていることに気づいていないことに私は疑問を覚えています。

 

 「誰かが良いと言っていたから、あそこの会社に入社しよう。」

 「いい環境があるから、あの会社に入りたい。」

 

そんな言葉を数多く聞いてきました。

 

 「本当にそれでいいのだろうか。」

 

“誰かにとっていい会社”ではなく、“自分にとっていい会社”を見つけてほしいと考えています。

 

就職は、自分の辿りつきたい夢を叶えるための、あくまでも「手段」にすぎないからです。

 

一人でも多くの人に自分の可能性に気づいてもらいたい。

 

「まだ早い」は無いと思います。

社会に出る前に、今一度自分の人生を本気で考え、自分の可能性を信じてもらいたい。

そういう想いから今回のTRY OUTへの参画を決めました。

あなたの航海が歴史を創造する

リッチメディアの今年の採用テーマであった「辿り着きたい夢がある」

 

それはこういう想いが込められています。

 

私たちの船はインターネット業界という大海原の荒波に挑戦し続けます。

流行りの小型のヨットで浅瀬を楽しむようなものではなく

穏やかな大型遊行船でもありません。

 

大海原を乗り越えた先にある新しい大陸、

それは豊かさを奏でられる100年続くチームだと思っています。

 

情熱的な仲間と事業・サービスを創り、チームを創る。

人生で一番頑張った、そんな経験があなたを待っています。

リッチメディア採用ページ

http://www.rich.co.jp/recruit

 

【関連記事】

リッチメディアが合同インターンシップ「TRY OUT」に参加 ~今急成長中のITベンチャー10社以上が集い、学生と共に新規事業の創出を目指す~

2016年新卒採用サイトを公開 、「辿り着きたい夢がある」をコンセプトに

リッチメディア技術責任者、リラクハッカソンに審査員として参加 ~蓄積したノウハウを世の中に発信し、豊かさを提供~

・ 新技術にトライ!〜「Life Tech Hack」イベントレポート