コラム

事業成長において意識している3つのこと

2015-05-18

坂本 幸蔵

WRITER:

坂本 幸蔵

business news

 

事業成長に伴い色々なところで

取り上げていただく事が多くなってきました。

 

今月も日経様にヘルスケア事業とビューティーサロン事業どちらも

新しいサービスリリースや事業拡張について掲載頂きました。

※PR担当のRさん GJ!

日経MJ5月4・6日合併号

 ▷【メディア掲載】『日経MJ』5月4・6日合併号に掲載されました

 

 

20150513_日経MJ

【メディア掲載】ヘルスケア大学が『日経MJ』5月13日号に掲載されました

 

 

以前にもエントリーさせて頂きましたが

事業転換における変化対応速度が当社の強みであり

市場の変化にあわせて対応できた事が1つの成長要因なんだと思います。

(▷リッチメディアCEOブログ『変化に対する受容性』

 

追加して、最近感じる事は参入する事業の魅力度

マーケット規模、事業モデル、などをしっかり見極める事。

ビックビジョン、スモールアクションを前提とした事業成長を意識する事。

 

よくあるのがビジョンが壮大である事は素晴らしい事なのですが、

事業の成長は地道な事の繰り返しであり、

日々のPDCAがなければ何をやっても中途半端になってしまうと思います。

 

もちろん、地道な事の繰り返しはすごく辛い事もあります。

繰り返し実行しているのにうまく成果がでない。

うまくいかない事が続くと不安になっていく。

こういった日々は潜水して潜り続けているような感覚にさえなります。

 

しかし、ここで集中力がキレたら負けなんだと思います。

事業もサービスもはじまりよりも継続する事の難しさの方が大きいと思います。

 

①変化対応速度を最大化する

②事業参入するマーケットの整理と意思決定

③ビックビジョン、スモールアクションを前提とした日々の地道な作業を研磨する

 

新しい事業をドンドンチャレンジする企業を目指していますが、

上記の①〜③を意識し

「ひとりひとりの1日を少しでも豊かに」をテーマに

事業を想像し創造していきたいと思います。

 

【関連記事】

データで繋ぐメディアサービス
【メディア掲載】「WWD Beauty」〜ヘアサロンのSNS活用術特集〜に掲載されました
新しいサービスの成長