コラム

事業×組織=変化

2015-04-13

坂本 幸蔵

WRITER:

坂本 幸蔵

Growth

 

変化対応力

会社成長は事業×組織の拡大や成長に
伴って成長していくのものだと思います。

これまでリッチメディアは組織構築に力をいれて
いろいろな施策や実行プランを繰り返して
変化対応し続ける事ができた思っています。

また、事業の方でも変化し続ける事ができており

リッチメディアの創業は
WEBマーケティングや制作がメインの事業体質でした。

それを、1年前から受託から
メディア企業としての転身を実現する為に舵をきり
現在ではメディア事業が8割以上を占める比率になり
完全にメディア企業としての転身することができました。

 

 

事業の成長

もちろんメディアにおけるユーザー数も右肩あがりの成長を実現することができており
この1年で全メディアで700万UUをこえており
ヘルスケア&ビューティー領域では国内でもtopを争うことができる規模に
成長できていると思います。

20150325_締め会PPT_スキンケア大学

20150325_締め会PPT1_KamiMado

20150325_締め会PPT2_HAIR

※詳細は追ってまたエントリーさせていただきます。

 

 

さらなる事業実現へ

そして、メディア企業としての成長から
さらなる変化を実現する為にBtoBモデルの事業体質から
BtoBtoCやCtoC領域のビジネスモデルにもチャレンジしており
それなりの事業実現がみえてきました。

上記から、立ち上げから毎年変化しているような感覚ですし
変化し続けることができている企業体質こそが
リッチメディアの強みであり文化であると思います。

1つの型をつくるのは重要だと思いますが
その型を打ち破るように変化し続けること。

それが当たり前になっていけば
市場変化にもついていくことができるのだと思います。

 

未来を想像して創造する

変化が常識=当たり前になれば
変えれるものにエネルギーを注ぎ続ける事ができると思います。

とにかく今はさらなるメディア企業としての成長を実現し
新しいサービスを想像し創造できる企業へと加速していきたいと思います。